ホームマイ独楽の紹介全国会員施工実績資料展示
まえがきトップベース工法施工管理技士とはトップベース工法施工管理技士制度のあゆみトップベース工法指定施工会社指定基準トップベース工法施工管理技士試験委員会トップベース工法施工管理技士になること
 
 まえがき
 
建築物における施工体制と責任体制
 建築物に生活する人々に安心と安全を与えることをめざして、2001年10月に財団法人日本建築センターの審査を受け、建築物等の施工技術及び保全技術・建設技術審査証明報告書「コマ型コンクリートブロックを用いた地盤改良工法トップベース工法」を取得しました。これと伴い施工管理体制と責任体制を確立しました。
 トップベース工法の施工は、全国マイ独楽工業会に加入する指定施工会社が責任を持って実施し、その施工の管理および施工された結果の品質の確認は、認定された資格を有するトップベース工法施工管理技士が責任を持って行います。
 本体製により製造マニュアル、調査・設計マニュアル、施工マニュアルを整備し、十分安全に、かつ確実に施工できるように以下の「役割分担・責任体制」が整備されています。