ホームマイ独楽の紹介全国会員施工実績資料展示
マイ独楽の概要・沿革マイ独楽とはマイ独楽の設計方法マイ独楽の施工方法マイコマにおける工業所有権の実施状況トップベース工法施お問い合わせ
 
 マイ独楽とは
 
 世界最古の木造建築といわれる法隆寺の五重塔、日本の美しい文化を象徴するこの建造物は、千数百年もの長い間、風雪にさらされ大地震にも耐え、今なおその風格と華麗な姿を保っています。そこには古代の技術者たちが長い時間と幾多の経験から創造してきた、日本古来の偉大な知恵があったはずです。それを現代の工法に生かすことは出来ないでしょうか。
 いかに地盤がしっかりしているはいえ、鉄もセメントも使わず、1200tもの五重塔が1300余年も不同沈下を起こしていないのです。基礎地盤に玉石を敷く「玉石工法」。それこそその謎を解く先人の知恵でした。そして、他の優れた工法と融和合理化して現代に甦らせたものが「トップベース工法(マイ独楽)」なのです。
 この工法は、町の発明家「松井淳」さんが、古代建築の研究からヒントを得て、玉石の威力を現代によみかえらせようとして独楽の形をしたコンクリートブロックにたどり着き、発明した工法です。その後、全国マイ独楽工業会は松井さんの遺志を引き継ぎ、この工法の基礎的な研究を継続し、材料学会、地盤工学会、建築学会、土木学会等の各種学会で計数十編の研究論文を発表している。さらに砂質の液状化地盤においても威力があるとの研究成果も発表し、「千葉東方沖地震」、「阪神大震災」の厳しい試練を耐えられました。これらの研究成果および数多くの実績により工法の効果のメカニズムを明らかにし、設計方法や施工方法を確立して学会や公的機関により認証されました。
 また、水際線や海岸で直径2mの大型コマ型ブロックも採用されています。砂浜に設置したこの大型ブロックの上の消波ブロックが、荒い波を経年的に繰り返し受けても、消波ブロックが砂浜に沈み込むことを防ぎ、絶大な威力を発揮しています。
 この工法は発明から約20年になるが、古代の素朴な技術をコンクリート二次製品の形で現代によみかえらせ、素朴ではあっても光を与えるべき近年の材料の発展に画期的な技術と評価されていました。
 
単独コマの仕様 連結コマの仕様
大きい図を表示します